屋外作業での防寒服はガテン系がおすすめ

北風が吹きすさぶなか、外での作業は大変です。体を動かしているときはまだしも、待機の状態でじっとしていると防寒服もあまり役に立たない、ということはないでしょうか。体を動かすときの防寒服を見ていきましょう。まず、全体的にはスポーツ系のものよりもガテン系、いわゆる作業着系のものがおすすめです。

というのも、スポーツ系は基本的に動くことを前提にしているので、風を通したり動きやすさを優先していて、動かないときの対策はあまりなされていないからです。また、スポーツをしている人は筋肉量が多く、すぐに体が温まりやすいので「冷やさないようにする」だけのものが多いのです。力仕事や立ち仕事の防寒は、まず機能性下着で保温と同時に汗を発散させます。かいた汗が後になって冷えることが多いのですが、着替えができない場合がほとんどですので汗で服が濡れないようにしましょう。

次にフリースやボアの裏地がある服で温度の層を作るようにします。最後に風を通さないナイロンなどが表に使われている上着を選びます。場所によってはガテン系はそぐわない、という場合もあると思います。その際には山登り用や釣り用の防寒アイテムがおすすめです。

特に山登りは動きやすく軽いため、作業の邪魔になりにくいという利点があります。ただ、価格は高めになるので、一番上のものだけ山登り用のものを選ぶ、などしてもよいと思います。足先やお腹、腰を温めると体調に影響しにくくなるので、防寒着とともにカイロなども併用して寒さに備えてください。洋服お直しのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする