ビスポークシューズはオーダーシューズの最高峰

オーダーシューズの最高峰はビスポークシューズと呼ばれるフルオーダーの靴です。ビスポークシューズは、まず購入者の専用の木型作りから始めます。パターンオーダーの場合は、予め用意された木型を使用して靴作りを行いますので、オーダーシューズと言えども既製品とは履き心地がそれほど変わりません。その点ビスポークシューズは木型を作成してから、その木型を基に靴作りを行いますので、足を包み込むようなフィット感を感じられる靴が出来上がります。

ビスポークシューズの場合は、費用が高くなってしまうことは否めません。木型の製作代も含めて安くても20万円程度は必要になります。また納期も半年から一年ほどかかりますので、気軽に購入出来る靴とは言えません。ただし、それでも多くの人がビスポークシューズをオーダーしますので、出来上がった靴はそれだけの価値があると言うことになります。

靴はある程度の期間をかけて履き慣らしていくことが必要です。ただし履き慣らしたとしても、足に完璧にフィットさせることは難しいです。既製靴はある程度の平均値を用いて作られていますが、人それぞれ足型は全く異なりますので、フィット出来る方が珍しいです。それほど靴のフィッティングは難しいですので、そのフィッティングを完璧に行ってくれるビスポークシューズは、高いお金を払うだけの価値があります。

最近は日本人のオーダーシューズの職人も増えて来ましたので、オーダーシューズに挑戦できる機会は増えて来ました。容易には購入出来ませんが、一度は是非試してみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする