オーダースーツの種類

オーダースーツは大きくオーダーメイド、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの4つに分かれます。まずオーダーメイドは、身長や体型ごとに型紙を起こし、裁断、裁縫して作るスーツのことを言います。オーダーメイドであればサイズだけでなく生地やボタンの等を自分好みに仕立てることができます。パターンオーダーとは既製品の中から一番自分の体型に近いものを選び、そこからサイズを調整していきます。

生産の段階からその人のサイズに合わせて作るため、、既製品より幅広くサイズを調整できます。デザインも豊富で流行に合わせたものも準備されているので、自分の理想のデザインが探せます。比較的リーズナブルなことも特徴です。イージーオーダーとは、フルオーダーよりも手軽で、簡単にスーツを作れるサービスです。

あらかじめある型紙から体型に近い型紙を使い、補正をしながら製作していく製法です。こちらも安価でオーダースーツが作れる利点があります。フルオーダーは、すべての注文通りに仕上げるスーツです。このオーダースーツを作るために細かい採寸をして、型紙を起こす段階から始まります。

採寸は肩幅、袖丈、胸囲、ヒップ、ウエスト、股下を基本とし、さらに細かく採寸していきます。自分のために作られたスーツなので、快適な着心地が期待できます。例えば立っている時はもちろんのこと、歩いたりしゃがんだりする動作でも不快感なく着用できるように作られています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする